新津春子のハウスクリーニング

社長挨拶

技術の継承と人財育成、そしておもてなしの心

 1955年に日本空港ビルデングが羽田空港にターミナルビルを建設・供用開始して以来、1993年に国内線第1旅客ターミナルビル・2004年に第2旅客ターミナルビル・2010年に新国際線旅客ターミナルビルを供用開始し、羽田空港は現在もなお拡大しています。
 私たち日本空港テクノ株式会社は、1999年に日本空港ビルデングの施設管理部門が分社化し設立されました。
 2009年には清掃等環境管理業務の株式会社エアポートマックスと合併し、総合ビルメンテナンス業として実績を積んでまいりました。

 私たちは、永年にわたり羽田空港関連施設の保守メンテナンス等を行い、航空輸送の一翼を担わせていただいていることから、絶対安全の確立と利用される全てのお客様に満足していただける空間の提供を企業理念としてまいりました。

 2020年には羽田空港はさらに進化した姿に生まれ変わります。国内外からのお客様は増え続け一層高いレベルを求められることになりますので、永年培った技術を継承し、人財力の向上と期待以上のサービスでお迎えできる存在であり続けることが私たちテクノマンの使命でございます。

 新たなステージに向けて一層業務に邁進していきたいと考えます。引き続きご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 知久 守一