キッチンクリーニング

キッチンクリーニング

特徴

コンロ周りについたしつこい油汚れを徹底洗浄し、五徳についた焦げ付き・シンクの水垢・気付きにくい細かな部分まで丁寧に仕上げます。

毎日使うキッチンは頑固な汚れが付きやすい場所です。また、汚れの種類も油汚れや水垢汚れなど幅広く、様々な洗剤を使用する必要があるため綺麗に保つのが難しい場所でもあります。特に五徳についた長年のコゲつきはなかなか落ちず、苦労する箇所です。

作業対象箇所

キッチン周りの壁面
ガスコンロ
五徳
シンク
収納棚
グリル表面
床面

作業対象外(オプション)

グリル内部
 
 
 
 
 
 

作業時間(目安)

120~180分程度

手順

汚れの状況を見極め、酷い汚れの物を早めにつけ置きし、汚れを落としやすくする。

キッチンクリーニングの手順

STEP1 つけ置き

汚れが飛び散らないよう養生をしたら、まずつけ置き液を作り、汚れの酷い五徳や細かな部品を洗剤につけます。その後ブラシやケレンを使用して焦げ付きを削り取ります。

頑固な焦げ付きを落とすのは専用の道具や洗剤が無いとなかなか難しいものです。五徳の形状に合わせて道具を使い分け、丁寧に仕上げます。
※焦げ付きの程度により仕上がりが変わる場合がございます。

キッチンクリーニング STEP1 つけ置き

STEP2 ガスコンロ

ガスコンロは油汚れが酷いため油に効く洗剤を使用し、コンロが傷付かないよう軟らかいパッドで汚れを取り除いていきます。細かな部分はブラシや竹串を使って仕上げます。

ガスコンロの穴から内部に洗剤を垂らしてしまうと壊れる危険性があるため、しっかりと対策をして作業を行います。

キッチンクリーニング STEP2 ガスコンロ

STEP3 グリル周り

グリル表面の拭き上げ、スイッチ周りは水が入らないようブラシや竹串を使って丁寧に汚れを取ります。

グリルの内部が気になる方には追加でグリル内部清掃オプションもございます。
※通常は表面のみの清掃となります。

キッチンクリーニング STEP3 グリル周り

STEP4 収納棚・壁面

収納棚の表面を洗剤拭き・水拭き・空拭きで綺麗に仕上げます。
壁面も同様タオルで拭き上げ、目地の部分はブラシで汚れを落とします。

キッチンクリーニング STEP4 収納棚・壁面

STEP5 シンク周り

シンク周りは水垢が多いため、水垢専用の洗剤と特殊な道具を使います。この方法で蛇口もピカピカになります。

普段見えづらく掃除しにくい蛇口の口の部分まで丁寧にお掃除致します。
※状況によっては水垢が取りきれない場合もございます。

キッチンクリーニング STEP5 シンク周り

STEP6 床面

最後に床面に掃除機をかけ作業は完了です。

キッチンクリーニング STEP6 床面

作業前後・・・